2012.12.27

苦戦が続く昇格組レディング、アーセナルFWアルシャヴィン獲得を検討

ロシアへの復帰も噂されるアルシャヴィン

 プレミアリーグで最下位QPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)と同勝ち点10の19位に沈むレディングが、冬の移籍市場でアーセナルのロシア代表FWアンドレイ・アルシャヴィンの獲得を狙っている。イギリス紙『ミラー』が報じた。

 アーセナルで出場機会を失っているアルシャヴィンに対し、クラブ側も適正なオファーがあれば、同選手の移籍を許可している。そこで、今シーズン2部から昇格したものの、苦しい戦いが続いているレディングが同選手の獲得に乗り出したようだ。

 アルシャヴィンに対しては他にも、古巣のゼニトやフルアムも獲得に興味を示していると報じられている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る