2012.12.07

CL敗退チームのEL参戦に苦言を呈すビラス・ボアス監督「非常にアンフェア」

「失敗した者にボーナスを与えることはできない」と現行のシステムに苦言を呈すビラス・ボアス監督

 トッテナムを率いるアンドレ・ビラス・ボアス監督が、チャンピオンズリーグ・グループリーグで敗退したチームが、ヨーロッパリーグの決勝ラウンドから参戦できる現在のシステムについて、「非常にアンフェアだ」と苦言を呈した。イギリス紙『ミラー』が報じている。

 ポルトを率いて、ヨーロッパリーグを制した経験を持つビラス・ボアス監督だが、その当時から、現在のシステムには疑問を感じていたという。

「非常にアンフェアだと思う。チャンピオンズリーグの決勝ステージ1回戦で負けたチームがヨーロッパリーグに回って来る方が、まだ公平だ。失敗した者にボーナスを与えることはできない。これはなにも、昨日言い始めたことではない。ポルトを率いていた頃から主張していたことだ」

 さらに、ビラス・ボアス監督は昨シーズンのチャンピオンズリーグ王者チェルシーのグループリーグ敗退とヨーロッパリーグ参戦が決定し、自身が昨シーズン途中まで率いていた、古巣との対戦を希望していることを明らかにした。

「上手くいけば、ベスト16で対戦する可能性がある。運命というのは存在するからね。もしチェルシーとベスト8を賭けて戦うことになれば、それはとても重要な2試合になると思うよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る