2012.12.07

けがの瞬間を振り返るメッシ「痛みで何も考えられなかった」…幸い重傷には至らず

搬送車に横たわるメッシ

 5日に行われたチャンピオンズリーグ・グループリーグ最終節ベンフィカ戦で、けがにより途中交代を強いられたバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、けがの瞬間を振り返り「痛みで何も考えられなかった」とコメントした。スペイン紙『アス』が報じている。

「何も考えることができなかったよ。痛みのことしか考えられなかった。最悪の事態だと思ったよ。ピッチにはいられないと思ったんだ」

 しかし、メッシはけがをした瞬間の痛みに比べ、現在はだいぶ状態が改善されてきたと感じているようだ。

「けがで途中交代した時と比べれば、だいぶ落ち着いてきたよ。幸運なことに、それほど深刻なけがではなかった」

 すでにジムでのトレーニングを開始し、9日に行われるベティス戦の出場を目指しているメッシだが、「日曜にプレーするかはわからない。ひざの回復具合によるね」とコメント。最後に自身のけがを心配するメッセージを残した、チームメートやファンに対し、感謝の言葉を伝えている。

「この機会に、心配のメッセージを残してくれた人や、電話をくれた人に感謝したい。けがをした時は何も考えられなかったし、何も耳に入って来なかった。だからまだ、感謝の言葉を伝えてなかったんだ。今回の出来事を通じて、バルセロナのファンからの愛情をさらに感じることができたよ」

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る