FOLLOW US

サウサンプトンの李、PKで1ゴール記録も2本目のPK失敗で勝利逃す

 サウサンプトンに所属する日本代表FW李忠成が、リザーブリーグの試合に出場し、ペナルティキックによる1ゴールを挙げた。サウサンプトンの公式サイトが伝えている。

 3日に行われたマンチェスター・UのU-21との試合に出場した李は、スコアレスで迎えた54分に自身が獲得したペナルティキックを決め、チームにリードをもたらした。その後サウサンプトンは、選手交代によりチームが活性化したマンチェスター・Uに押し込まれる時間帯が続き、80分にはイタリア人FWフェデリコ・マケダに同点ゴールを許してしまう。しかし、同点ゴールからわずか2分後、サウサンプトンは絶好の勝ち越し機会を得る。ペナルティーエリア内で混戦となったところ、マンチェスター・Uのイングランド人MFジェシー・リンガードがハンドを犯し、サウサンプトンはこの日2度目のペナルティキックを獲得する。ところがキッカーの李が放ったシュートは相手ゴールキーパーのセーブにあい、勝ち越しとはならず。試合も同点のまま終了した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO