FOLLOW US

長友の“親友”スナイデル、インテル退団へ

退団の可能性が大きくなったスナイデル

 契約延長の問題でクラブとの交渉が長引いていた、インテルのオランダ代表MFウェスレイ・スナイデルが、クラブを去る決断を下した。3日に行われたクラブとの交渉で、新たな契約延長にサインすることを拒否した模様だ。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが報じている。

 クラブ側は、年俸額を下げた新契約をスナイデルに提示していたが、同選手はその新契約合意に難色を示していた。3日にクラブ幹部とスナイデルが交渉を行い、最終的に同選手は契約延長にサインしないという決断を下した。自身の契約についてスナイデルは「今、この状況では、新たな契約延長にサインする理由がない」と語り、クラブを去る意思を固めたている。さらにスナイデルの代理人も「現段階では、彼は契約延長にサインをしない」とし、減報を求めたクラブの要求には応じない考えを示唆した。

 なお、スナイデルに対しては、日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・Uなどが獲得に興味を示しているとみられている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO