FOLLOW US

バロンドール最終候補のC・ロナウド「ノミネートされることは名誉であり誇り」

バロンドール最終候補に選ばれたレアルのC・ロナウド

 FIFA(国際サッカー連盟)は29日、年間最優秀選手賞である2012年FIFAバロンドールの男子選手部門の最終候補3選手を発表した。最終候補者は、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、同所属のスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの3選手となった。

 バロンドールの最終候補に残り、またFIFA/FIFProワールドベストイレブンのFW部門の15名の候補者にも名を連ねたC・ロナウドは「ノミネートされることは名誉であり誇りだよ。2つともにとても素敵な賞で、ノミネートされること自体が良い仕事をしていることの証明だし、レアルと代表で仲間の助けがあったからだと思う」と喜びと仲間への感謝を述べた。2つの賞は2013年1月7日のFIFAバロンドールアワードで発表される。

 さらにロナウドはレアルのジョゼ・モウリーニョ監督が3年連続でFIFA最優秀監督の最終3候補に選ばれたことに触れ「僕のコーチであるモウリーニョ監督が、リーガに優勝、スペインスーパー杯を制し、記録ずくめのあとに年間最優秀監督の候補になったことを祝福したい」と語っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA