2012.11.30

ジェラードの負担減少を求めるロジャーズ監督「彼は13年近く責任を背負ってきた」

リヴァプール一筋でプレーし、クラブの象徴となっているジェラード

 リヴァプールを率いるブレンダン・ロジャーズ監督は、キャプテンのイングランド代表MFスティーブン・ジェラードを称賛すると共に、彼が背負っている負担を引き継がなければいけないと考えているようだ。『ESPN』が報じている。

 32歳のジェラードは今シーズン14試合に出場し、1得点をあげている。得点こそ以前ほど記録できていないが、相次ぐけがで、満足にプレーできなかったここ数年に比べれば、今シーズンはコンスタントにプレーを披露している。しかし、ロジャーズ監督はベテランの域に入りかかったジェラードの負担を、チームメートが引き継ぐことを求めている。

「スティーブンは13年近く、このクラブのためにプレーしている。それは彼が多くの責任を背負ってきた時間だ。チームメートは彼の責任を引き継がなければならない」

「彼は私がここに来た時から輝いていた。ひらめきがあったし、素晴らしいリーダーシップも備えていた。今シーズン、彼が期待していた程、点を取ることはできていないが、前節のトッテナム戦でも彼のパスは期待を裏切らなかったし、ボックスの中に侵入していく動きは素晴らしかった」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る