2012.11.30

ユヴェントスを去る決意を固めるルシオ「ここでは幸せを感じることができない」

退団を示唆する発言をしたルシオ

 今夏インテルからユヴェントスへと移籍したブラジル代表DFルシオだが、出場機会の少なさから、クラブを離れる意思があることを明らかにした。『スカイスポーツ』が報じている。

 2009年にインテルと契約を結び、3シーズンに渡ってインテルの成功に貢献したルシオは、ジョゼ・モウリーニョ監督が率いるチームにおいても、重要な役割を担っていた。しかし、今シーズンから活躍の場所を移したユヴェントスでは出場機会に恵まれず、ここまで3試合の出場にとどまっている。この現状に対し、ルシオは「アントニオ・コンテ監督は僕のことを選んでくれない。ここから出ていきたいと思っている」と出場機会の少なさに対し、不満を口にした。

「ここでは幸せを感じることができない。プレーをしていないからね。この数カ月は難しいものだった。コンテ監督は僕を選んでくれないからね。ここを出ていきたいと思っている。そしてプレーできるクラブを探すんだ」

 さらにバイエルンのメンバーとして3回の優勝を経験した、ブンデスリーガへの復帰に興味があることも明かした。

「ヴォルフスブルク?それはいい挑戦だね。ドイツでは多くの素晴らしい時間を過ごした。もし私がドイツに帰ることを話したら、子供たちは大喜びするだろうね」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る