2012.11.15

元鹿島のブラジル代表DFファビオ・サントス「Jリーグにもっと長くいたかった」

 2006年6月から半年間、鹿島に在籍したコリンチャンス所属のブラジル代表DFファビオ・サントスがFIFA(国際サッカー連盟)の公式HP『FIFA.com』のインタビューに応えた。

 F・サントスは所属するコリンチャンスが南米王者になったことにより、今年のクラブワールドカップで来日することが決まっている。日本に対する印象については「Jリーグは非常に快適だった。契約が許せば、喜んでもっと長く滞在したね」とコメントした。

 F・サントスがコリンチャンス移籍を決断したのは、当時チームに在籍していた元ブラジル代表DFロベルト・カルロスの存在が大きかったという。「ロベルトがチームにいたというのが、コリンチャンス移籍を決めたひとつの理由だったね。彼と1年間通してプレーできたことは大きなプラスだった」とロベルト・カルロスとの経験が成長につながったと語った。

 なおクラブワールドカップでコリンチャンスは準決勝から登場し、Jリーグ優勝クラブ、アフリカ王者クラブ、オークランドシティのいずれかと初戦を戦うことになる。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る