FOLLOW US

ウェールズ代表MFアレンが差を痛感「モドリッチのレベルには及ばない」

 ブラジル・ワールドカップ予選でレアル・マドリードに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチと対峙したリヴァプールのウェールズ代表MFジョー・アレンは、自らがさらに成長する必要があると感じたようだ。イギリス紙『テレグラフ』が伝えている。

  今夏1500万ポンド約(15億円)でリヴァプールに移籍したアレンの開幕からここまでのプレー内容には多くの称賛が集まっている。リヴァプールを率いるブレンダン・ロジャーズ監督もアレンを“ウェールズのシャビ・エルナンデス”と形容している。

  しかし、アレンは16日の欧州予選クロアチア戦で、クラブで求められているような、試合をコントロールする役割をこなせなかったと認めている。

 「モドリッチには、僕が彼のレベルに達するにはまだまだたくさん努力しなければならないと感じさせられたよ。彼はずっと快適にプレーしていた。正直僕のパフォーマンスレベルはとても彼には及ばない。彼のポジションでは彼が世界のトップだと思う」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA