FOLLOW US

アーセナルが1月にストライカーを補強か…香川の元同僚などが候補に

 アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が1月の移籍市場で新たなストライカーを求めているようだと、イギリス紙『テレグラフ』が報じた。

 テレグラフの記者であるジェレミー・ウィルソンによると、現在はロビン・ファン・ペルシーが抜けた穴を全体でバランスよく補っているが、ヴェンゲルはオリヴィエ・ジルーのバックアップ要員を欲しているようだ。

 アトレティコ・マドリードのアドリアン・ロペス、アスレティック・ビルバオのフェルナンド・ジョレンテ、さらには香川真司の元同僚でドルトムント所属のロベルト・レヴァンドフスキなどが候補に挙がっているようだ。

 チーム内で言えば、セオ・ウォルコットはセンターフォワードの位置でプレーする準備ができていると公言。今シーズンはジェルビーニョもこのポジションで出場している。ルーカス・ポドルスキも同じように中央でプレーできるが、彼らはあくまでもワイドな位置で活躍できると記してある。

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO