2012.10.10

マンUフレッチャーを待ち受ける熾烈な争い「我慢してチャンスを待つ」

 昨年から潰瘍性大腸炎を患っていたがマンチェスター・U所属のMFダレン・フレッチャーは順調に回復しており、今週行われるスコットランド代表のワールドカップ予選に招集されている。チャンピオンズリーグなどのカップ戦でも復帰を果たしているが、プレミアリーグでは昨年11月以来プレーしていない。

 ベテランのポール・スコールズや若手であるトム・クレヴァリー、新加入のニック・パウエルなど中盤に豊富なコマを揃えるユナイテッド。フレッチャーの定位置である「中盤の底」のポジション争いは熾烈だが、本人はチャンスを待つつもりだとユナイテッド公式HPが伝えている。

 「出場するにはゴールをできるだけ多く決めるだけだね。今のユナイテッドは大所帯で、特に中盤は層が厚いから、ポジション争いが激しい。だから我慢してチャンスを待たなければならない」とし、自身の状態については「基本的には大丈夫だけど、体力と試合感がもう一歩かな。でも経験を積んでいるから問題ないよ」と落ち着いた態度を見せた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング