FOLLOW US

逆転に満足するトッテナム指揮官「選手の信念と根性が生んだ勝利」

 23日に行われたプレミアリーグ第5節においてQPRを2-1で下したトッテナム。アンドレ・ビラス・ボアス監督は、クラブの公式HPで逆転勝利したチームを称賛している。

「前半は私たちが目指すサッカーを見せられなかったが、後半は良かった。逆転する決意を感じることができたね」と選手の強いメンタルを称えた。

 0-1で折り返した後半、左サイドバックでプレーしていたギャレス・ベイルを左ミッドフィルダーの位置に上げる。すると、1-1と追いついた場面でベイ ルが強烈なシュートを放つ。元インテルのジュリオ・セーザルが弾きバーに当たるが、ジャーメイン・デフォーがきっちり詰めて逆転に成功した。

 「まず1点目を取ることが大事だった。それが決まってからは、追いついた高揚感に乗って2点目もすぐに奪ってしまった。1点目でチームの自信が爆発した んだよ」と勢いを表現をしたうえで「違いを生み出したのは選手たち。彼らの信念と根性が、後半に発揮された強いメンタリティに繋がったんだ」とあくまでも 選手を称賛した。

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO