2012.09.24

インテル監督「サン・シーロが呪われている、はやめましょう」

 23日に行われたセリエA第4節、インテルはホームでシエナと対戦し0-2で敗北した。欧州リーグを含めると、今シーズン、ホーム5戦連続で勝利を逃していることから「サン・シーロ(インテルのホーム)は呪われている」とメディアで話題に上がっている。

 クラブ公式HPでアンドレア・ストラマッチョーニ監督は「サン・シーロが呪われているといった話はやめよう。そういった問題ではない。今日は確かに手痛い敗戦だったが、クラブは変換期にある。自信を持つことが大切だ」と開口一番に釘を刺した。

 長友佑都はフル出場したが0-1の後半ロスタイムには、クロスに対し長友がマークしていたバリアーニにゴールを許した。監督は「稲妻のようなカウンター にやられた」と相手チームを称賛したうえで「私のチームは前線に3人の選手を並べ、サイドバックも積極的に攻撃参加するため、カウンターに対し中盤で苦戦 してしまう」と敗因を分析した。

 バランスの悪さを指摘される中「3バックにするのも解決法のひとつかもしれない。中盤には確実にテコ入れをする必要がある」と今後、戦術やメンバーを変更する可能性も示唆した。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
28pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る