FOLLOW US

英紙のマンU香川評は平均点…最高評価はバレンシア

 プレミアリーグ第5節が23日に開催され、マンチェスター・Uがアウェーでリヴァプールを破り、アンフィールドで5年ぶりの勝利を挙げた。

 香川真司は先発出場したが、前半からリヴァプールにボールを支配され、なかなかプレーに絡めない。0-1で迎えた51分にはアントニオ・バレンシアのクロスを胸で落とし、ラファエウ・ダ・シウバの同点ゴールをアシストしたが、全体的には孤立する時間が多かった。

 イギリス紙『サン』の採点で、香川は平均点の6点にとどまった。最高点は逆転ゴールに繋がるPKを奪ったバレンシアの8点。中盤でボールをカットするとそのままペナルティエリア内に突進し、ファウルを誘った。同紙は「ヒールジェット」と形容し、俊足ぶりを称賛した。

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO