2012.09.21

ドイツ誌『キッカー』が清武と乾の日本人対決に注目

 21日に開催されるブンデスリーガ第4節、ニュルンベルク対フランクフルト戦の展望を、ドイツ誌『キッカー』が取り上げ、日本人対決に注目した。

 それぞれ上り調子の両チーム。パフォーマンスの面では甲乙つけがたいとし、ニュルンベルクについては好調の要因を3点挙げている。「まずディーター・ ヘッキング監督の采配が良い。対戦相手に応じて選手を適切なポジションに配置している。もう1つはティム・クローゼとペア・ニルソンのCBコンビが安定し た守備を見せていることだ。」とし、続けて「最後の要因は清武弘嗣が加入したことだ。遠く日本からやってきた清武が、さらにチームの完成度を上げた」と称 賛のコメントを記した。

 フランクフルトに関しては「GKのケヴィン・トラップの好調は特筆すべき。ベテラン選手と乾貴士ら若い選手は融合し、非常にバランスの良いチームとなっている。」と五分の戦いを予想した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る