2012.08.02

優勝候補メキシコが順当に首位通過、韓国も無敗で決勝Tへ/グループB

ジョバニ・ドス・サントスの活躍により、メキシコがグループBを首位通過した

 今回のオリンピックで最も厳しい組み合わせになったのは、グループBだろう。北中米カリブ海予選を首位通過し、優勝候補にも挙げられているメキシコ、 2007年U-17ワールドカップで優勝を果たすなど、ユース年代の強化に定評のあるスイス、アフリカ予選首位通過のガボン、アジア予選を無敗で通過した 韓国がひしめき合ったが、“死のグループ”を勝ち抜いたのは、メキシコと韓国だった。

 大会直前の親善試合でスペイン、日本に連敗し、不調が囁かれていたメキシコだが、初戦の韓国戦を0-0で切り抜けると、第2戦のガボン戦ではエースの ジョバニ・ドス・サントスが2ゴールをマークし勝ち点3を奪取。第3戦のスイス戦でも勝利を手にし、終わってみれば無敗、失点ゼロと前評判通りの強さを見 せて、首位通過を決めた。

 元韓国代表のレジェンドであるホン・ミョンボ監督が率いる韓国も、確実に勝ち点を積み上げ、グループ2位での決勝トーナメント進出を決めた。初戦のメキ シコ戦に引き分けて迎えた第2戦のスイス戦では、パク・チュヨン、キム・ボギョンといった攻撃のキーマンがゴールをマークして2-1で勝利し、第3戦のガ ボン戦は手堅く勝ち点1を奪取。強豪相手に粘り強い戦いを展開し、無敗でグループリーグを切り抜けた。

 期待を大きく裏切ったのはスイス。この世代のエースであるジェルダン・シャチリら主力メンバーを招集できず、未勝利で大会を去ることになった。ガボンはメキシコに敗れたものの、韓国、スイスにはドロー。意地を見せた格好となったが、あと1点が遠かった。

 メキシコは準々決勝でグループA2位通過のセネガルと対戦。勝ち上がれば準決勝で日本と対戦する可能性がある。韓国はグループA首位通過の開催国イギリ スと対戦。パク・チュヨンやキ・ソンヨン、ク・ジャチョルらヨーロッパで活躍するメンバーに加え、今大会後にイングランドへと渡るキム・ボギョンやJリー グ組が融合したチームは、韓国国内で「史上最強」の呼び声が高く、メダルへの期待が膨らんでいる。それだけに、地元の声援を一身に受ける開催国との対戦 は、メダル獲得へ向けての大きな山場となるだろう。絶対的アウェーの環境の中、韓国がどのような戦いを見せるのか注目だ。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る