2012.07.21

バレンシア移籍内定のガゴ「新シーズンは自分にとって勝負の1年になる」

 レアル・マドリードのアルゼンチン代表MFフェルナンド・ガゴが、バレンシアに移籍することが内定した。バレンシアが19日に行った公式発表によると、ガゴは20日に実施されるメディカル・チェックを経て正式契約を結ぶ予定となっている。

 スペインのメディアによると、移籍金は400万から500万ユーロ(約3億8000万から約4億8000万円)程度、契約期間は4年になるとのことだ。また、バレンシアの財政状態を考慮し減俸を受け入れたガゴは、新天地では現在のおよそ半額となる年俸150万ユーロ(約1億4000万円)を受け取ると見られている。

 2007年1月にボカ・ジュニアーズからレアル・マドリードに加入したガゴは、レギュラークラスとしてチームを支えてきたものの、ジョゼ・モウリーニョ監督が就任した2010年夏以降は出場機会を大きく減らし、昨シーズンはレンタル移籍によりローマでプレーした。しかし、ローマが買取オプションを行使しなかったためレアル・マドリードに復帰し、新たな移籍先を探していた。

 19日にバレンシア入りしたガゴは、アルゼンチン代表と同じく新天地でもチームメートとなるMFエベル・バネガとは既に連絡を取り合ったことを明らかにすると共に、移籍交渉がまとまったことを素直に喜んだ。

「バレンシアでプレーできることになり嬉しい。今は新天地での意欲と希望に満ち溢れている。新シーズンは自分にとって勝負の1年になるだろう」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る