2012.07.21

インテルナシオナルが監督を解任、後任にドゥンガ氏が浮上

 ブラジルのインテルナシオナルは20日、ドリヴァル・ジュニオール監督を解任したと発表した。ブラジル紙『グローボ・エスポルチ』は、後任に元ブラジル代表監督のドゥンガ氏が就任するのではないかと報じている。

 磐田でもプレー経験のあるドゥンガ氏は、インテルナシオナルでプロキャリアをスタートさせており、ファンの間では地元の英雄が就任することを熱望する声が多いと伝えている。

 ドゥンガ氏は、監督経験が一切ないまま、2006年にブラジル代表監督に就任。しかし、2010年の南アフリカ・ワールドカップでは準々決勝で敗退し、その責任を問われ解任されていた。その後は、2011年8月からカタールのアル・ラーヤンで指揮を執っている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
65pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る