2012.07.21

ヴェンゲル、アーセナルの競争力の高さを主張「財力はピッチの勝敗に直結しない」

 アーセナルを率いるアルセーヌ・ヴェンゲル監督は、プレミアリーグのライバルクラブに財力で勝てなくとも、リーグ優勝は可能だと語った。
 
 アーセナルは2004年以来、リーグタイトルから見放されている。豊富な財力を持つチェルシーやマンチェスター・Cといったクラブの台頭がその一因ともされているが、フランス人指揮官はクラブの競争力は衰えてはいないと主張した。『Time Out Hong Kong』で次のように語っている。
 
「まず言っておかなければならないのは、豊富な資金があるクラブに財力で勝てなくとも、それがピッチでの勝敗に繋がるわけではない、ということだ」
 
「私が初めてイングランドに来た時、こういった回答は必要なかった。全てのクラブが彼らの財源内で経営していたからね」
 
「チェルシーやマンチェスター・Cといったクラブが新たな問題を持ちこんだ。しかし、これらのクラブが現れても変わらないことがある。アーセナルは野心を持ち、可能な限り賢い方法で、利用できる資金を使っていくということだ」
 
「我々は、いつも金を使っている。トップクラスの選手を獲得したいからだ。過去15年を振り返ってもらえれば、常にトップ選手がアーセナルに在籍していたことが分かる」
 
「財政的に争うことができなければ、タイトルを獲得できないということは決してない」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る