2012.07.17

マンU退団希望のベルバトフにウェストハムが関心か

 マンチェスター・Uからの退団を希望しているFWディミタール・ベルバトフに対し、昇格組のウェストハムが興味を示していると、イギリス『デイリー・メール』が報じた。
 
 ベルバトフは出場機会の少なさに不満を持っており、自身のフェイスブックで移籍を志願するコメントを残していた。これに目を付けたウェストハムが、ベルバトフのレンタルでの獲得を画策。しかし、同メディアによるとユナイテッドは完全移籍での売却を望んでおり、両者の思惑は一致していないとのことだ。
 
 ベルバトフは、2008年にユナイテッドに加入。2008-09シーズンには公式戦14ゴール、翌シーズンには12ゴールを挙げると、2010-11シーズンにはリーグ戦で20ゴールをマークし、カルロス・テベス(マンチェスター・C)とともに得点王に輝いた。しかし、2011-12シーズンはレギュラー争いに敗れ出場機会が激減。リーグ戦ではわずか12試合でしかプレーしていなかった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る