2012.07.17

イギリス代表の継続を訴えるギグス「今後も僕と同じ経験をしてほしい」

 イギリス代表のキャプテンを務めるライアン・ギグスは、今後も同代表の結成を願っている。ウェールズ人としての誇りを持ちながらも、素晴らしい経験ができていると語った。『スカイスポーツ』が報じている。
 
 ロンドン五輪に向け結成されたイギリス代表だが、多くの議論もなされている。特に、1つのイギリスという国での出場は、FIFA(国際サッカー連盟)における4カ国の独立した地位に影響を与えるのではないかとの意見は強い。しかし、ギグスは次のように語りイギリス代表の存続を訴えた。
 
「イギリス代表がこれっきりになってほしくない。この1週間で、僕がどれほど楽しんでいるか。素晴らしい経験だ。未来のオリンピックで、どんどんイギリス代表が登場することを願う」
 
「クレイグ(ベラミー)も僕もウェールズ人だし、そのことに誇りを持っている。でも世界最大のスポーツイベントでプレーできるというチャンスを見逃すことはできないよ」
 
「イギリス代表として戦うことができてうれしい。これまで全てが順調だし、これからもそうであってほしいね」
 
「僕は政治家じゃない。でも、経験者として言わせてもらうと、これからのイギリス人選手にも僕と同じ経験をしてほしいね」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
欧州順位をもっと見る