2012.07.17

カペッロ氏がロシア代表監督就任へ…近日中に契約成立か

 RFU(ロシアサッカー協会)は、前イングランド代表監督であるファビオ・カペッロ氏に、ロシア代表監督への就任をオファーしたことを認めた。近日中に話し合いを行うとのことだ。
 
 ロシアはユーロ2012でグループリーグ敗退という結果に終わり、責任を取ってディック・アドフォカート前監督が辞任していた。その後任として、カペッロ氏に白羽の矢が立った。RFUの会長は、次のような声明を発表している。
 
「今日、我々はカペッロ氏に代表監督就任のオファーをすることに決めた。近い将来彼がモスクワに来て、契約内容の詳細を詰めサインしてくれることを期待している」
 
 カペッロ氏は2007年からイングランド代表を指揮していたが、今年の冬に当時の主将ジョン・テリーが人種差別的発言をしたとの疑惑により、キャプテンマークをFA(イングランドサッカー協会)から剥奪されたことに反発。ユーロ2012を控えながらも、2月に辞任していた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る