2012.07.15

パッツィーニ退団が加速か…インテル監督「放出を検討する権利もある」

 インテルのアンドレア・ストラマッチョーニ監督が、イタリア代表FWジャンパオロ・パッツィーニの去就について、自身の考えを明かした。

 ストラマッチョーニ監督は、先日クラブからの退団を示唆したパッツィーニについて、「彼は、非常に優秀なフォワードだと思っている」と評価。しかし、「現時点で優先的に考えているのはディエゴ・ミリートなんだ。これは、問題なく明言できる」と、パッツィーニはFWのファーストチョイスではないと明かした。

 さらに「この選択から、クラブは放出を検討する権利もあるね。何度も言っているように、クラブが最優先なんだ。もちろん、すべては監督の決断によるけどね」と、パッツィーニ放出を容認する姿勢も見せた。

 パッツィーニは、8日に行われた新体制発表イベントに出席した際、「残留は難しいと思う」と発言。2011-2012シーズンは、リーグ戦33試合に出場したが5得点に終わっていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る