FOLLOW US

ドルトムントが親善試合で昨年12月以来の黒星を喫す

 ドルトムントは14日、クラブ・ブルージュと親善試合を行った。

 ドルトムントは4分と18分に得点を許し、2点を先行される苦しい立ち上がり。しかし、26分に新加入のレオナルド・ビッテンコートがゴールを奪い、1点差に詰め寄った。

 後半に入り、同点ゴールを決められずにいると、試合終了間際の90分にまたも失点。そのまま1-3で敗れ、昨年12月に行われたチャンピオンズリーグのマルセイユ戦以来の敗戦を喫した。

 また、試合前には両チームのサポーターによる乱闘騒ぎも発生。9分間中断するハプニングも起こっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA