2012.07.15

インテルナシオナル会長、オスカル獲得の打診を一蹴「20億円以上の価値がある」

 インテルナシオナルのジオバンニ・ルイジ会長がブラジルのラジオ局『Radio Gaucha』のインタビューで、クラブの新星MFオスカルの移籍について問い合わせがあったことを明かした。
 
 現在20歳のオスカルはロンドン・オリンピックのブラジル代表メンバーにも選出されおり、中軸としての活躍が期待されている。
 
 ルイジ会長はオスカル獲得の打診があったことを認め、「今日、メールが届いたよ。予想していたよりいい提案ではなかった。我々は、オスカルには2000万ユーロ(約20億円)以上の価値があると考えている。正式なオファーというよりも、調査のようなものだね。金額を考え直す必要があるとだけ伝えているよ」と語っている。
 
 メールを送ったクラブ名は明らかにされていないが、イギリス紙『メトロ』はチェルシーとトッテナムがオスカル獲得を狙っていると伝えており、同紙ではメールの送信元が2クラブのどちらかではないかと推測している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る