2012.07.14

新天地での飛躍を誓う宇佐美「ポジションを勝ち取ってEL出場に貢献する」

 ホッフェンハイムのU-23日本代表MF宇佐美貴史がドイツ誌『キッカー』のインタビューに答え、新シーズンに臨む意気込みを語っている。
 
 ロンドン・オリンピック参加でチームへの合流が遅れることに、「チームの2次キャンプに参加できないことは、あまりいいことではないと思う。でもオリンピックには出たかったし、それがポジション獲得の障害になるとは思わない」と定位置確保へ自信を見せ、「出場辞退は考えなかったか?」との質問には、「全然。僕にとっては大切な経験だし、ホッフェンハイムでの新たなスタートに影響はない」と答えた。
 
 希望するポジションについては、「左サイドがいいけど、使ってもらえるならどこでも問題ない」と話し、さらにバイエルンでうまく行かなかった理由についても語り、「初めての海外だったし、自分でもどうなるか分からないなかでの挑戦だった。ただ、1年を無駄にしたとは思わない。その経験を生かして、ホッフェンハイムではポジティブに切り替えたい」と自身で分析している。
 
 最後に新シーズンの目標を聞かれた宇佐美は、「チームの目標であるヨーロッパリーグの出場権獲得に貢献したい。もちろんポジションを勝ち取りたいし、そうならなければいけないと思う。ホッフェンハイムでいいシーズンを過ごすことが第一。それができれば、2014年のワールドカップも見えてくるはず」と力強く活躍を誓っている。

[写真]=Bongarts/Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る