2012.07.14

テリーの人種差別発言疑惑、裁判所が無罪と判定

 ウェストミンスター治安判事裁判所は13日、試合中に人種差別的な発言をしたとして起訴されていたチェルシーのイングランド代表DFジョン・テリーに対し無罪の判決を下した。
 
 疑いが持たれていたのは、昨年10月のプレミアリーグ第9節の試合中にQPR( クイーンズ・パーク・レンジャース)のDFアントン・ファーディナンドに対して行った発言。テリーは法廷に立ち、人種差別発言を否認していた。
 
『スカイスポーツ』では、治安判事のチーフを務めるハワード・リドル氏の見解を紹介。リドル氏は、「広い意味での人種差別主義者かどうかは今回の争点ではなかったが、彼がそうではないことを示す証言を多く聞いた。ミスターテリーは自身の評判が危機に陥っていると主張しており、その点は理解できる」と語っている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る