2012.07.13

イギリス五輪代表落選のベッカムが胸中を告白「当然失望している」

 ロンドン・オリンピックに臨むイギリス代表へのメンバー入りが期待されながら、落選してしまったロサンゼルス・ギャラクシーの元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカムが『スカイスポーツ』のインタビューで胸中を語っている。

 ベッカムは、「知っての通り、僕は母国を代表してプレーすることを誇りに思い、生まれ育った街で開催されるビッグイベントに参加することは信じられないことだった。当然失望しているよ。チームの一員としてオリンピックに参加し、その後そのことについて話すことができればとても誇らしい瞬間になっただろうね」とメンバーに選ばれなかった悔しさを語っている。

 またマンチェスター・U時代のチームメイトでイギリス代表キャプテンを務めるライアン・ギグスに対しては、「ライアンはマンチェスター・ユナイテッドとウェールズ代表で輝かしいキャリアを残している。代表にふさわしいよ。彼とはマンチェスターで素晴らしい思い出を共にしてきた。一緒に参加できればよかったね。金メダルを獲得できることを祈っている」と話し、エールを送っている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る