2012.07.12

モドリッチを称えるアンチェロッティ「世界最高のミッドフィルダー」

 パリSGを率いるカルロ・アンチェロッティ監督は、トッテナムのMFルカ・モドリッチについて獲得を明言しなかったものの、同選手を高く評価していることを明かした。クロアチア『Sportske Novosti』が報じた。
 
 トッテナムのアンドレ・ビラス・ボアス新監督は、モドリッチの移籍願望を認める発言をした。青年監督は同選手に様々なクラブが関心を寄せていることも認めており、パリSGはその内の1つだと推測される。アンチェロッティは、クラブの移籍市場での動きについて明かすことはできないとしながらも、モドリッチを称賛するコメントを残した。
 
「私は、移籍市場について公に話すことはできない。ターゲットにしている選手や、高いクオリティを備えている選手に対するクラブの動きなどを明かすのは馬鹿げたことだ」
 
「(モドリッチについて)私から言うことは何もない。ただ、彼の才能についてはかつてから知っていた。モドリッチはずば抜けた選手であり、私の意見では現時点で世界最高のミッドフィルダーだ」
 
 なお、モドリッチに関しては、パリSGの他にレアル・マドリードやチェルシー、マンチェスター・Uといったクラブが狙っていると噂されている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る