2012.07.11

パラグアイ代表の監督にウルグアイ人のペルーソ氏が就任

 パラグアイ代表の新監督に、ウルグアイ人のジェラード・ペルーソ氏が就任することが決定した。パラグアイサッカー協会は2014年ブラジル・ワールドカップ南米予選における成績不振を理由に、フランシスコ・アルセ前監督を6月に解任していた。『スカイスポーツ』が伝えている。
 
 これまでパラグアイ1部リーグのオリンピアを率いていたペルーソ氏について、パラグアイサッカー協会のフアン・アンヘル・ナポウト会長は「パラグアイ国内で指揮を執っている監督を求めていた。ベストの選択だったと確信している。これでワールドカップ出場権を取るために戦うことができる。彼はとても熱心だし、頼りになる人間だ」と評価している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る