2012.07.10

ローマのクラブ幹部がボリエッロの放出を認める「彼は移籍リスト入りしている」

 ローマのイタリア代表FWマルコ・ボリエッロは今夏に新天地を求めることになるかもしれない。ローマのワルテル・サバティーニSD(スポーツディレクター)がイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで明かしている。

 サバティーニSDは、「我々はボリエッロを移籍候補リストに入れており、彼もそれを知っている」と話し、ボリエッロを放出する見込みだとしている。

 ボリエッロは2010-11シーズンにミランからローマにレンタル移籍で加入。翌シーズンには完全移籍を果たし、2015年までの4年契約を結んでいた。しかし元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティや同代表FWパブロ・オスバルドにポジションを奪われ、2012年1月にユヴェントスへレンタル移籍するも思うような出場機会を得られていなかった。

 ボリエッロにはジェノアやフィオレンティーナとの関連が噂されているが、高額な年俸が障害になっているとされている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る