2012.07.10

フランス代表のデシャン新監督が決意表明「選手が問題を起こしてはならない」

 フランス代表のディディエ・デシャン新監督が9日に就任記者会見を行い、意気込みを語っている。『スカイスポーツ』がその模様を伝えている。

 フランスはユーロ2012を準々決勝で敗退し、大会後にMFサミル・ナスリを筆頭に規律面での問題が数多く発生した。これによりフランス代表数選手が懲罰委員会にかけられる予定だ。また2010年の南アフリカ・ワールドカップでも選手と監督の間でトラブルを抱え、グループリーグ敗退につながるなど、ここ数年は試合内容以外での問題を取り上げられている。

 デシャン監督は、「私は完璧主義者のようなものだ。選手を脅迫するようなことはしないし、信頼している。しかし、選手たちが問題を起こしてはならない状況にある」と話し、フランスの現状に危機感を感じている。

 続けて、「2010年までさかのぼれば、フランス代表のユニフォームを着た選手たちはとても大きな役割を持っていた。今は少しの逸脱も許されない状況だ。ウクライナで何が起きていたのか分析するつもりはない。懲戒委員会の決定が下るまで時間が掛かるし、私は熟慮するつもりだ」として厳しい姿勢で今後のチーム作りを行っていくとしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
欧州順位をもっと見る