2012.07.10

辞任報道のビエルサ監督、続投を明言も不満を隠さず

 アスレティック・ビルバオを率いるマルセロ・ビエルサ監督は、辞任報道を否定しクラブに残留すると語った。
 
 ビエルサは、クラブの新トレーニングセンターの建設が遅れていることに不満を持ち、工事責任者と衝突。工事業者を詐欺師などと形容したビエルサだが、ビルバオは「ビエルサの意見は、クラブのそれとは異なる。我々は工事業者に敬意を表している」との声明を発表していた。双方の意見に摩擦が生じたため、両者は6日にミーティングを行っていた。
 
 ミーティング次第ではビエルサがクラブを去るのではないかとの憶測も飛んだが、同監督は9日、自身のフェイスブックを通じ「私は自分の仕事を実行し続ける。これまでやってきたようにね」とコメント。残留する意向を明かした。
 
 しかし、ビエルサはトレーニング施設の建設の遅れについて、納得していないことを改めて主張している。
 
「首脳陣は、私の発言が事実性に欠けるものだったと主張した。これまで私たちの関係の修復が行われてきたよ」
 
「トレーニング施設の建設における仕事のクオリティや進行状況、統制などへのリスペクトについては、私の主観的な意見ではない。私は、言及する全ての物事について紛れもない事実だと証明することができる。もし何の過失もないなら、どうして施設の完成がファーストチームのプレシーズンのスタートに間に合わないんだ?」
 
 ビエルサは、6月にクラブと2013年まで契約を延長したばかり。トレーニング施設の改修は、彼がサインする際に要求した内容の1つだったと伝えられている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る