2012.07.10

バイエルン会長、ピルロ獲得報道を一蹴「オファーした事実はない」

 バイエルンは、ユヴェントスのMFアンドレア・ピルロの獲得に動いているのではないかとの噂を一蹴した。
 
 ピルロは2011-12シーズン、ミランからユヴェントスに加入。アントニオ・コンテ監督の下、チームの中核としてリーグ戦37試合に出場し、クラブのリーグ優勝に大きく貢献した。33歳のベテランMFはユーロ2012でもイタリア代表としてプレー。決勝戦でスペインに0-4で大敗を喫したものの、イタリア代表を準優勝に導く活躍を披露した。
 
 イタリアメディアは、バイエルンがピルロに目を付けたと報道。1000万ユーロ(約10億円)で同選手の獲得を狙っていると伝えた。
 
 しかし、バイエルン側はこの事実を完全否定。カール・ハインツ・ルンメニゲ会長は、クラブの公式HPで「バイエルンがユヴェントスにオファーした事実はないし、選手や代理人にコンタクトを取ったこともない」とコメントし、ピルロに対して何の動きも行っていないと語った。

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
13pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る