2012.07.09

香川の元同僚レヴァンドフスキの争奪戦にトッテナムも参戦か

 日本代表MF香川真司とともにドルトムントのブンデスリーガ2連覇に貢献したポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ獲得を狙い、アンドレ・ビラス・ボアス氏を新監督に迎えたトッテナムが動き出したようだ。イギリス紙『メトロ』が伝えている。
 
 これまでレヴァンドフスキの獲得に関心を寄せるクラブとして、マンチェスター・U、マンチェスター・C、アーセナル、チェルシーのプレミアリーグ勢、ユヴェントス、パリSGなど、錚々たるビッグクラブの名が報じられてきた。
 
『メトロ』によると特に熱心なのが、中国へ移籍するFWディディエ・ドログバの後釜が欲しいチェルシーで、2000万ポンド(約25億円)規模の移籍金を準備しているという。さらに、トッテナムのV・ボアス新監督がクラブに獲得を進言、ダニエル・レヴィ会長がアプローチを始めたと伝えている。
 
 同紙ではドルトムントで会長を務めるハンス・ ヨアヒム・ヴァツケ氏のコメントも紹介。ユーロ2012期間中に本人と接触したマンチェスター・Uの行為に怒っているというヴァツケ会長は「移籍の話は聞く。だが何週間も前から言っているが、ユーロ後の休暇が終わればロベルトは我々のクラブに戻る。何かが起こるのはそれからだよ」と語っている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る