2012.07.09

ヴェンゲル監督、若手育成を貫くと明言「アーセナルは16年間変わっていない」

 アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、若手の育成を続けて行く意欲を語っている。『スカイスポーツ』が伝えた。
 
 ヨハン・クライフ氏が下部組織の充実に力を入れ、バルセロナやアヤックスの成功に結びついたことを例に挙げたヴェンゲル監督は、「クライフに全面的に賛同する。私はやり方を変えない」と宣言。
 
 一方で、「悲しいのは、時々ほかの誰かに壊されることだ。ある選手の最盛期をクラブで見たいと思っても、その時には選手がいない。私は犠牲者だよ。サミル・ナスリ、ガエル・クリシー、セスク・ファブレガス…。ベストのプレーができる年齢で彼らを失った」と、クラブを去った選手たちへの失望感を明かした。
 
 さらに、「だが可能性がある限り、私は絶対にクラブを去らない。別のクラブに移る機会が10回はあったが、私は去らなかった。アーセナルで16年間も、同じビジョンと哲学で仕事をしているからね。方針は変えないよ。私にとってお金はモチベーションにならない。我々がこうしたやり方にこだわるのは、フットボールに何かお返しがしたいからなんだ」と続け、育成重視の方針を貫くことを明言している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
フランクフルト
39pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
バレンシア
46pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る