2012.07.08

ロンドン五輪に臨むイギリス代表の主将はギグス「私の経験を若手に伝えたい」

 ロンドン・オリンピックに出場するイギリス代表のスチュアート・ピアース監督は、ライアン・ギグス(マンチェスター・U)をチームのキャプテンに指名した。FA(イングランドサッカー連盟)のHP上で発表されている。

 オーバーエイジ枠でメンバーに選出された38歳のギグスは、プレミアリーグで12度のタイトルを獲得し、FAカップを5度、チャンピオンズリーグを2度制覇している大ベテラン。しかし、代表レベルでは今回のオリンピックが初の本大会出場となる。

 ギグスは「私は多くの経験をもっている。チームには若い選手が多くいるが、キャプテンとして、私の経験を伝えられたら」とコメントしている。

 イギリス代表の初戦は、20日に行われるブラジル戦。本大会ではグループAでセネガル、UAE(アラブ首長国連邦)、ウルグアイと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
欧州順位をもっと見る