2012.07.08

地震被災地支援へ、イタリア代表がモデナをW杯予選の会場に…9月のマルタ戦

 イタリア・サッカー連盟(FIGC)は、9月11日にマルタと対戦するブラジルワールドカップ欧州予選第2節をモデナで行うと発表した。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』 が伝えている。
 
 エミリア州モデナは、今年5月にイタリア北部を襲ったマグニチュード6.0の地震の震央に位置し、建物が崩壊して多数の死傷者が出るなど甚大な被害を受けていた。
 
 今回の決定はFIGCのジャンカルロ・アベーテ会長とモデナ市長との電話会談で実現したもので、アベーテ会長は「私たち一人一人が、イタリア代表にエミリア州でプレーしてほしいと願っていた。関係者、コーチ、選手。全員が心からの愛情を、地震で苦しむ人々に示したかった。被害を受けたスポーツアリーナの復旧など、FIGCとサッカー界全体で被災地に貢献して行きたい」と語っている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る