2012.07.07

リヴァプールでの成功を誓うJ・コール「印象に残る活躍を」

 2011-12シーズン、リールにレンタル移籍していたリヴァプールのMFジョー・コールは、プレミアリーグへの復帰を喜ぶとともにレッズ(リヴァプールの愛称)で自身の能力を証明してみせると語った。
 
 2010年にチェルシーからリヴァプールへ加入したJ・コールだったが、2010-11シーズンはけがもありリーグ戦わずか9試合の出場に留まっていた。ケニー・ダルグリッシュ前監督の信頼を得られなかった同選手は、翌シーズンにフランスのリールへと渡っていた。
 
 しかし、J・コールはリールで主力として31試合に出場。復活を印象付ける活躍を披露すると、新監督のブレンダン・ロジャースはJ・コールの復帰を決めた。再び成功するチャンスを掴んだ30歳の元イングランド代表MFは、インパクトのある活躍をしてみせると意気込んでいる。クラブの公式HPで次のようなコメントを残した。
 
「リヴァプールに戻ることができたのは素晴らしいことだ。復帰できてうれしいよ」
 
「成功しないまま、何も残せないでリヴァプールを離れたくない。このクラブで印象に残る活躍をしたいね。これまでウェスト・ハム、チェルシー、そしてリールで成功を収めてきた。『リヴァプールにJ・コールはいなかった』なんて言われたくないんだ」
 
「出場機会を得て、学び、進化してこの偉大なクラブに貢献したい。リヴァプールは素晴らしいチームだよ。もしプレーするチャンスを掴むことができたら、常に全力を尽くして、僕にできる全てをクラブに与えるつもりだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
10pt
ハノーファー
10pt
バイエルン
9pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
セビージャ
10pt
レアル・ソシエダ
9pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
インテル
12pt
欧州順位をもっと見る