2012.07.07

チェルシー不動の左SB、A・コールに来夏退団の可能性が浮上

 チェルシーのDFアシュリー・コールに退団の可能性が浮上している。同選手はクラブとの契約が残り1年となっているが、『ESPN』は延長に向け交渉が行われていないと報じた。
 
 A・コールは来夏に契約満了でクラブを去ることを望んでいるという。2006年にアーセナルからチェルシーに加入して以来、不動の左SBとして活躍し続けてきたA・コールには、バルセロナやレアル・マドリード、マンチェスター・Cといったビッグクラブだけでなく、豊富な資金力を持つ中国や中東のクラブも関心を寄せているとのことだ。
 
 『ESPN』は、「アシュリーは去就について落ち着いている。契約が切れる時、全ての選択肢を考慮するはずだ。海外に行く可能性もあるが、プレミアリーグに留まるだろう。彼は31歳だがフィジカルコンディションは良いし、まだ世界最高の左SBとして認識されている」と報道。さらに、「クラブでも代表でも多くの記録を打ち破ってきたA・コールが、多くを要求するのは確実だ。これまで契約延長に関して何度か話し合いが行われてきたようだが、現在は何も行われていない」と伝え、チェルシーはA・コールの契約延長を望んでいるものの、来夏で同選手が退団する可能性が高まっていると報じている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る