2012.07.06

スペイン代表シャビとイタリア代表ピルロ、共に2014年W杯出場に意欲

 ユーロ2012の決勝で雌雄を決した2チームの頭脳であるスペイン代表のMFシャビ・エルナンデスとイタリア代表のMFアンドレア・ピルロの両ベテランが、いずれも2年後のブラジル・ワールドカップへの出場に意欲を示した。

 現在32歳のシャビは、イタリア代表を下した決勝後のインタビューで代表での今後について質問された際には微妙な受け答えをしていたものの、この度改めてW杯出場への意思を表した。

「イタリアとの決勝では、個人としてもチームとしても今大会でベストのパフォーマンスを見せることができた。決定的なプレーに何度も加わり、チームの中で重要な存在であると感じられた。皆で一丸となって最高の試合をすることができ、本当に気分が良い。自分の今後については、2014年のブラジルワールドカップまで代表を続けるというのが現時点でのアイデアだ。フィジカルコンディションはとても良いし、トップレベルでのプレーを維持する意欲に溢れている」

 一方、シャビより1歳年上のピルロも、続投の意向を示したチェーザレ・プランデッリ監督と共にワールドカップを目指すことを明言した。

「プランデッリ監督が続投を決断し、個人的にも幸せだ。それが唯一の正しい道だからね。決勝進出という大方の予想を裏切る業績を達成した彼が退任していたら、それこそ最悪の事態となっていた。彼は斬新なスタイルを持った新しいチームを作ろうとしており、今後が楽しみだ。チームの誰もが彼と共に前進していけると確信を強めている。僕自身としても2014年にブラジルに行けるよう、良い状態をキープできればと思っている」

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る