2012.07.04

ベルルスコーニJr.がキャロルの獲得を提案「ミランの新しい時代に必要」

 ミランのシルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長の息子であり、クラブの移籍ビジネスのコンサルティングを手がけるピエル・シルヴィオ・ベルルスコーニ氏が、リヴァプールのFWアンディ・キャロル獲得を熱望している。イギリス紙『メトロ』が伝えた。
 
 ピエル・シルヴィオ氏は、「これからはミランの新しい時代だ。クラブの文化を継承しながら、若手を発掘して行く。ミランにはまだスーパースターたちがいる。将来のターゲットとして、私はアンディ・キャロルを望んでいる。彼の身体能力を認めなければならない。ユーロで彼のヘディングを見てミランに欲しくなった」と語り、3500万ポンド(約45億円)の移籍金を用意してリヴァプールと交渉を進めるべきと主張している。
 
 だが、このニュースを聞いたミランファンが、「キャロルがミランへ?彼は正気か?」とツイートするなど、ベルルスコーニJr.の提案を好意的に見ていないサポーターも多いようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る