2012.07.01

ベッカムの五輪代表落選に肩を落とすギグス「がっかりしている」

 マンチェスター・UのMFライアン・ギグスは、LAギャラクシーのMFデイヴィッド・ベッカムがロンドン五輪のイギリス代表メンバーから外れたことに落胆している。『スカイスポーツ』が報じた。
 
 ベッカムは、ロンドン五輪を戦うイギリス代表にオーバーエイジ枠としての選出が期待されていた。しかし、ベッカム本人が28日にイギリス代表メンバーに選ばれなかったことを発表。ギグスは、かつてマンチェスター・Uで共にプレーした友人の落選に肩を落としながらも、同代表を率いるスチュアート・ピアース監督の選択を尊重するとも語った。
 
「かつてのチームメートであり友人のデイヴィッドが、五輪のイギリス代表に選ばれなかったことにがっかりしている。彼にはメンバーに入ってほしかった。しかし、金メダルを獲得するために、スチュアート・ピアースは自分が満足いくようなチームを作り上げなければならない。それが彼の仕事だからね。残念なことだが、デイヴィッドの落選はその結果ということだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る