2012.06.30

トッテナム前監督がV・ボアス氏を後任にプッシュ「優勝を争える」

 トッテナムを率いて2011-12シーズンのプレミアリーグで4位の好成績を収め、その後退任したハリー・レドナップ氏が、後任の有力候補とされるアンドレ・ビラス・ボアス氏について発言している。『スカイスポーツ』が伝えた。
 
 レドナップ氏は、「チェルシーでは物事が上手く運ばなかっただけさ。トッテナムのダニエル・レヴィ会長は、彼がチームでいい仕事ができる人物だと感じているよ。毎年プレミアリーグのトップ4に入り、優勝を争えるだけの選手が揃っている。私の意見だけどね」と語り、今年3月にチェルシーを解任されたV・ボアス氏をトッテナムの監督に相応しい人材と評価した。
 
 また、シーズン終盤に自身のイングランド代表監督就任が噂されていたことにも言及し、「難しい状況だった。みんなが私の名前を挙げていたけど、それでトッテナムが動じることは決してなかった。すれ違う人に言われたよ。よくチームに影響しなかったねって。すべてが悪くなる可能性もあった。だけど我々は非常にいいプレーができた」と、当時の戸惑いを明かしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
28pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る