2012.06.28

ピルロばりのチップキックを見せたS・ラモス「GKの動きは分かっていた」/ユーロ2012

 ユーロ2012準決勝が27日に行われ、スペインがPK戦でポルトガルを破り、前回大会に続いての決勝進出を決めた。

 PK戦でスペイン4人目のキッカーとして登場したDFセルヒオ・ラモスは、見事な“パネンカ(チップキック)”でGKの虚を突き、ゴールを挙げた。準々決勝のイタリア対イングランドでもPK戦でイタリア代表のMFアンドレア・ピルロが同様にチップキックで決めていたことから、注目を集めている。

 試合後、セルヒオ・ラモスがこの場面について振り返った。スペイン紙『アス』が伝えている。

「ああいう蹴り方をすることは考えていた。普通、GKがどう動くか判断するが、彼がどちらかに動くことは分かっていた。チャンピオンズリーグのバイエルン戦でPKを失敗した際は、準備が足りなかったと批判されたが、もう一度蹴りたいと思っていた」

「僕たちはこの結果にふさわしいし、チームのパフォーマンスに満足している。重要なのは、全員で決勝に進んだこと。僕はスペイン人に生まれてきたことを誇りに思う」

[写真]=兼子愼一郎

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る