2012.06.28

スペイン指揮官「PKを蹴った5人とも最後のキッカーを志願してきた」/ユーロ2012

 ユーロ2012準決勝が27日に行われ、ポルトガルをPK戦で下し、2大会連続の決勝進出を決めたスペイン。ビセンテ・デル・ボスケ監督は、「今回は我々に運があった」とコメントした。『UEFA.com』が伝えている。

「ポルトガルは守備面で優れていた。我々は多くのチャンスが作れなかったし、拮抗していた。延長戦は少し違った展開になり、PK戦では我々に運があった。ポルトガルを称えるよ。今回は運が良かった」

「シャビは悪くなかった。よくやっていたけど、疲れが見えたからペースアップするために交代させたんだ。ペドロ(ロドリゲス)と(ヘスス)ナバスは運動量を増やして攻撃を活性化させてくれた。選手交代してからポルトガルを苦しめたね。これは大切なことで、試合のたびに選手間の成熟度が増している。延長戦ではこれまでの経験が生きたね」

「PKを蹴った5人とも最後のキッカーを志願してきたんだ。セスク(ファブレガス)は『5番目に蹴らせてくれれば勝てる』と言ってきた。セルヒオ・ラモスはキーパーがどちらかに動くとわかっていたから、この間の試合(準々決勝イタリア対イングランド)の(アンドレア)ピルロのようにやろうとしたね」

「もうひとつの準決勝はトップレベルの試合で、どちらかが対戦相手となる。決勝はすごい試合になるね。我々はどちらが相手になっても構わないよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
28pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る