2012.06.27

フランス代表、ナスリら4選手に処分か、最大2年間の出場停止も/ユーロ2012

 フランス紙『レキップ』はFFF(フランスサッカー連盟)が27日に会議を行い、フランス代表の一員としてユーロ2012を戦った4選手への処分を検討すると報じている。

 同紙は、AFP通信(フランス最大の報道機関)のジャーナリストに対し、暴言を吐いたとされるMFサミール・ナスリに対し、最大で国際舞台における2年間の出場停止処分を科す可能性があると報道。仮に2年間の出場停止となれば、2014年に控えるブラジル・ワールドカップへの出場は不可能になる見込み。

 また、ユーロのグループリーグ第3節、スウェーデン戦(0-2でフランスが敗戦)後、ロッカールームで携帯電話を使用したため、ローラン・ブラン監督と口論をしたとされるFWハテム・ベン・アルファ、および態度に問題があったとしてMFヤン・エムヴィラとFWジェレミ・メネズの計3選手に対し、4試合の出場停止処分を検討するとしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る