2012.06.27

敗退したイングランドのジェラード「パスを磨かなければ」/ユーロ2012

 イングランド代表の主将を務めるMFスティーヴン・ジェラードは、イタリア代表にPK戦の末に敗れた準々決勝から一夜明けた25日、母国の通信社とのインタビューで今大会を振り返った。

 今大会のイングランド代表は、枠内シュートが1試合平均わずか2.75本に終わるなど、攻撃のアイデア不足を改めて露呈した。ジェラードは、チームが大会を通じて低調な内容に終始したことを認めると共に、今後に向けた方向性を打ち出した。

「僕達のフットボールはファンタスティックではなかった。相手を打ち負かすことができなかった。ボールポゼッションの数字が全てを物語っている。イングランドを国として前進させるためにも、僕達は何としてもパスワークを磨かなければならない」

 ジェラードはその一方で、大会直前に故障者が続発するという厳しい状況の中、チームは精一杯のプレーをしたことを強調した。

「全選手が持てる力を出し尽くした。僕達は代表ユニフォームの誇りを懸けて必死に戦った。また、近年の国際大会を上回る戦いを見せられたと思うし、個人的なパフォーマンスにも満足している。今は失望しているが、それは準々決勝が不運な形で幕を閉じたからだ」

 電撃辞任したファビオ・カペッロ前監督の後を受けたロイ・ホジソン監督から、今大会の主将に任命されたジェラードだが、今後もキャプテンマークをつけてプレーしたいとの意気込みを示した。

「僕は主将の役目も責任も愛しており、大会を通じて満喫することができた。このまま続けられれば嬉しいね。ホジソン監督とも軽く話をしたが、『求められるレベルのプレーができる限り、いつでも主将を引き受ける準備がある』と伝えたところ、『今後も続けて欲しい』と言って貰えた」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング