2012.06.26

ゴールで批判を一蹴したC・ロナウド「ただ力を最大限発揮するだけ」/ユーロ2012

 ポルトガル代表MFクリスティアーノ・ロナウドは、自身への批判について受け入れるべきプレッシャーだと語った。『ESPN』が報じている。
 
 C・ロナウドは、最初のドイツ戦とデンマーク戦で不発に終わり、批評家たちの批判の的となった。しかし、その後グループリーグ最終節のオランダ戦と準々決勝のチェコ戦で得点。チームを準決勝へと導き、批判を一蹴した。
 
「スターになって注目を集めるほど、より求められるレベルは上がるし、大きなプレッシャーがかかるようになる」
 
「プロサッカー選手として、そういったプレッシャーは受け入れている。批判に振り回されずプレーに集中するには、より大きな人間になる必要がある。批判に屈しないためのマニュアルなんてものは持っていない。僕はただ、自分の力を最大限発揮することだけだ」
 
 また、C・ロナウドはスペイン対ドイツが決勝のカードとして有力視されていることについて、ポルトガルのチーム状態が上向いていること挙げて反論している。
 
「僕らは改善されている。それは重要なことだ。チームとして素晴らしく団結しているし、お互いを助け合う良いチームスピリットがそこにはある」
 
「僕たちの現在の目標は決勝まで辿りつくことだ。対戦相手は大きなプレッシャーに晒されているが、僕たちは大きすぎる期待を背負わずに戦うことができる」

[写真]=ムツ カワモリ

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る